これからキャンプ・アウトドアを楽しむ方への総合Navi

キャンプ・アウトドアライフ タイトル


キャンプ・アウトドアと言えば野外クッキング
コチラでは基本のバーベキュー(以後BBQ)から変り種な調理、ダッチオーブンの調理法までご紹介いたします。

アウトドアクッキングその@

BBQ

やはりキャンプの定番と言えばBBQですね!
肉を焼いたり釣った魚を調理して焼いたり、皆でワイワイ楽しめる!
そんな感じが最もではないでしょうか♪
もはや、言うこともないですが・・・一応、例をあげておきます。

用意する食材(材料は食べきれる量で揃えましょう)

お肉

やっぱりお肉が無ければBBQは楽しくありません!
でも野菜も必要ですね。

・牛肉

牛カルビ
骨付きカルビ
牛ロース
牛ステーキ肉
ウンチク(市販のステーキ肉を焼いて一口カットすると食べ易い)

・豚肉

豚ロース
スペアリブ(あばら)
豚バラ肉
ウンチク(私の経験なんですが、豚バラ肉をプチトマトに巻きつけてホイル焼きにすると酸味が利いてマイルドな味わいになりなすよ。)

・鶏肉

チキンレグ(脚)
鶏むね肉
焼き鳥
ウンチク(またしても私の経験談なんですが、鶏肉は火が通りにくいので焼く前に一口サイズにしておいた方が良いです。後、焼く時は皮の部分から焼きましょう。余分な脂が落ちて食べやすくなります。)

・野菜


キャベツ
ニンジン
ピーマン
玉ねぎ
カボチャ
ナス
サンチュ
ウンチク(肉だけでは栄養が偏りますので野菜も食べましょう)


アルミホイルで作る焚き火ソーセージ

5人分(例)
材料
豚ひき肉 300g、
 牛ひき肉 200g、(合挽でも可)
玉ねぎ  1/2、
ニンニク 1個
卵     1個、
塩     小さじ1
コショウ  少々、
パン粉  1カップ
パセリ   少々、

作り方
1. すりおろした玉ねぎ、ニンニク、みじん切りにしたパセリをあらかじめ家庭で準備し、持っていく。好みにより、ハーブ、シソのみじんぎり、チリソースなどを混ぜます。
2. ボウルに準備してきた野菜、肉、パン粉、塩、コショウを入れ、卵を割り、よく混ぜます。
3. 混ぜたものをフランクフルトソーセージぐらいの大きさに棒状に形づくります。
4. 棒状にしたものをアルミホイルで包み、焚き火に入れて焼きます。焚き火のあまり火の強い所に入れずに、炭になりかけた火の弱い所に入れます。
5. 何度か回転させ、全体に火が通ったら出来上がりです。


(子供が喜ぶメニューなので是非チャレンジしてみてください。・・・大人もおつまみにしますが。)


 

飯盒(はんごう)でご飯を炊きましょう

アウトドアで美味しくご飯を炊くための基本ワザ

 

1.計量
* 内ブタ一杯が2合-2.5合(表示有り)鍋で炊くので計れないという場合は、マグカップなどで計る。
2.水加減
* 水加減は米の量と同量もしくは 1.2倍くらいが目安です。
(新米もしくは固めのご飯が好きな方は、米の量と同量くらいです。)
* 米の量を測るのが面倒な場合は、米の上から人差し指の第一関節がつかるぐらいを目安にすると良いでしょう。
3.待つ
* 水加減を調節してから20分-40分そのままにしておくと米と水が良くなじんでふっくらと炊けます。
(面倒ならそのまま炊いて下さい。)
電気炊飯器も実は、スイッチを押し手から、20分くらいは美味しく炊くために待っています。そのため早炊き機能が付いているのです。
4.炊く

焚き火で炊く場合
* 最初にクレンザを水で溶かし、飯盒又はナベに塗るとススを取るのが楽です。
* 水が沸騰するまでは強火になり過ぎないように気つけ、沸騰すれば強火にする。
* 吹きこぼれてきたら、火力を落とす。
* 湯気、グツグツ音がなくなれば火からおろす。
炭火で炊く場合
* これが一番カンタン、BBQをしながら、一緒に飯盒を置いて置くといつの間にか炊けています。火
* 火加減は気にせず、吹きこぼれてきたら火力の弱そうな所に場所を変える。
* 湯気、グツグツ音がなくなれば火からおろす。
コンロで炊く
* 一番確実なのがこれです。最初、強火で水分が少なくなってきたら(湯気もしくは吹きこぼれてきたら中火)。
* 湯気グツグツ音がなくなれば火を止める。
オススメ技−グツグツといいだしたら石などを置いておくと圧力が逃げずに美味しく炊けます。

5.蒸らす
* ハンゴウの場合はひっくり返して蒸らすと効果的です。だいたい15分ぐらいで良いと思います。蒸らしている間に、味見して判断して下さい。
(始めは焦げたりしますが、経験を積めばキレイに炊けるようになります)



鮭ホイル焼き

材料(例4人分)
サケの切り身 4切れ
アスパラガス 4本
エノキダケ 1パック
タマネギ 1個
レモン スライス4枚
ジャガイモ 4個
バター 適宜

作り方
用意したアルミホイルにサケの切り身を置き、一口大に切ったアスパラガスとエノキダケ、細切りにしたタマネギをその上にのせます。
具材の上に香り付けと味付けをかねてスライスしたレモンとバターを置きホイルで包みます。
ジャガイモは皮をむかずに、丸ごとバターと一緒にホイルへ。
十字に切り込みを入れるとバターがよく馴染む。
焚き火の周囲に置き、火が通ったら出来上がりです。

check

最終更新日:2017/2/16